グリーンスムージーの「おすすめポイント」まとめ!

グリーンスムージーは「美容・健康食」としてとってもおすすめです。
では、なにがおすすめなのか?
まとめたので参考にしてください。

ミキサーにかけるだけで簡単に作れる

忙しい朝でも、野菜や果物をカットしてミキサーにかけるだけでできるというのがなんといっても魅力。
スムージーだと、料理が苦手でも、一人暮らしで不慣れでも簡単に朝食が作れてしまいますね。
また、グリーンスムージー粉末だと水と混ぜるだけだし、栄養もバッチリとれるのでもっと簡単ですよ。

野菜や果物の栄養がまるごととれる

グリーンスムージーは、野菜ジュースとは違い、皮も繊維もこさずに全部飲み干します。
だからこそ、植物独特のフィトケミカルや色素、酵素、食物繊維もたっぷりとれるのです。
また加熱すると壊れやすい栄養素もスムージーなら問題なし。
つまり野菜や果物の栄養をまるごと摂取することができます。

野菜をたっぷりの量をとることができる

人間の1日に必要な野菜の量は、サラダボールにして3杯~4杯にもなります。
こんなに一度にたくさんの量を食べるのははムリですよね。
ですがグリーンスムージーだと細かくできるのでたっぷりの野菜と果物が摂れますし、消化にもいいのです。

好みの組み合わせで作れる

ポイント
手作りのスムージーは、時分の好みの味にできるのでぜひチャレンジしてみてください。
何度か作ってみると、食材の組み合わせや味がわかってきます。
自分好みにアレンジしたり甘さの調節も可能です。
ちょっとグリーンスムージー作りが楽しくなりますね。

牛乳屋、豆乳を加えて、栄養を補える

野菜や果物の水分だけで、作るスムージーや水を加えるものもありますが、、
牛乳や豆乳、ヨーグルトを加える事で、野菜や果物には無い栄養を補うことができます。
さらに理想の完全栄養朝食を摂ることができるのです。

塩分を気にしなくてもいい

日本人の朝食は、マーガリンだったり味噌汁、醤油だったりなにかと塩分は多いものです。
またサラダ派の人でも塩やドレッシングを使います。
ですが、スムージーは、本来の風味を楽しむ物なので、ドレッシングも不必要です。
よって、塩分も加えません。高血圧の人にもおすすめです。

粘度のある食材も使うことができる

バナナやアボカド、モロヘイヤなどの粘度のたかいものは、ジューサーには不向きと言われています。
しかし、グリーンスムージーなら粘土の食材も問題ありません。
とくに、バナナ・アボカド・モロヘイヤは栄養価が高いので、積極的に取り入れてくださいね。

凍らせた食材でも作れる

夏場など冷たいスムージーを飲みたいときは、凍らせた食材をそのままミキサーにかけてもいいです。
ちょっとシャリシャリ感が残って美味しいです。
ただし、口の中で温めてから飲み込まないと、胃腸が冷えるので注意してくださいね。