グリーンスムージーの好転反応・副作用について

グリーンスムージーを飲み始めて、副作用を感じる人がいます。
副作用とは「下痢・便秘・お腹が張る・オナラが良く出る・オナラが臭う」などなどです。

しかし、これらの副作用はどれも「好転反応」と呼ばれるものです。
好転反応というのは、一見、副作用のように思えるのですが、それは体が、良い方向へ変わろうとしているための一時的な反応だと思ってください。

具体的な反応にどういった症状があるのかみていきましょう。

グリーンスムージーの好転反応にはこういう症状があります。

  • 頭痛
  • 便秘
  • 吐き気
  • 腹痛
  • 眠気
  • 倦怠感
  • 下痢
  • 肌荒れ

などありますが、どれも一時的です。

グリーンベリースムージーを続けて飲むことで、好転反応の症状は治まります。
もし、これら、好転反応が現れた場合は、なるべく無理をしないようにして経過を見ます。

ただし、しばらく様子をみても治らないようなら、医師の診断をうけるようにしましょう。

なぜ好転反応が表れるの?

簡単にいえば、体がびっくりするのです。

特に、普段から、腸の運動が悪い人は顕著に表れるのです。

グリーンベリースムージーというのは、水分が90%の食事です。
そこへ、腸が全然働いていない人の胃腸に入ったところで、うまく消化器官が反応しないのです。

そうなると、一時的に、胃腸に負担がかかってしまい、好転反応が表れるのです。
ですが、グリーンベリースムージーを飲み続けていると、ビタミン、ミネラル、酵素を補給できて、腸の動きも改善されます。
つまりエンジンがかかりだすのですね。

それまでの間に、体がびっくりして不調となって反応がでますが、すぐに治まることがほとんどなのでどうぞご心配なく。

それよりも体の消化機能がしっかりと働いて、栄養が全身にいきわたり代謝が改善されると、体は別人の体みたいに軽くシャキッとするので、ぜひとも体験してみてくださいね。

好転反応をわかりやすくイメージしてもらうには

たとえば、あなたが健康のためにいきなり「筋トレ」を始めたとします。
すると、体は「筋肉痛」という副作用が起こりますよね。
好転反応はこれに似ています。

この筋肉痛も「筋肉が丈夫になるにつれ」起こらなくなります。
グリーンスムージーの場合も同じで、腸が元気になってきたら、好転反応の起こらなくなるので、最初の我慢だと思ってください。