グリーンスムージーを外出先で飲む場合の注意点!

グリーンスムージーを朝のうちに作っておいて、お昼のランチに置き換えダイエットとして、持ち歩きたいという女性も多いようです。
その場合、気をつけてもらいたいポイントがあります。

菌が繁殖する!?

グリーンスムージーは、温まると雑菌が繁殖してしまいます。
なので常温で持ち運ぶのはやめておいたほうがいいでしょう。

ただし、保冷機能のある入れ物と、保冷剤を一緒に入れて、密閉できている状態ならば、問題ありません。

グリーンスムージーが酸化を起こす

酸化とは、「りんご」を例にたとえると茶色く変色してしまうことです。
つまり、古くなり新鮮さが落ちることです。
新鮮さが落ちると【味・栄養面】が低下します。

ですから、やっぱりグリーンスムージーは「できたて」を飲むことをおすすめします。

でも、職場で1食置き換えダイエットをしたいという人は、、、

外出先でグリーンスムージーを飲みたいなら粉末はいかが?

グリーンスムージーの置き換えダイエットを始めている方で、昼間に飲むのが一番都合がいいという人も当然います。

ですが、毎回、保冷剤と一緒に持ち運ぶのはちょっと大変ですよね、、、
さらに酸化も起こします。

それならば、混ぜるだけで簡単にできあがるグリーンスムージー粉末がおすすめです。

混ぜるタイプのグリーンスムージー粉末とは?

最近では、水と混ぜるだけで簡単に作れる粉末タイプがあります。
作り方は、シェイカーに水と粉末を一緒に入れて、10秒間振るだけでできあがり~!

今や、20代に女性を中心に人気急上昇中のダイエット食品なんです!

もちろん、ビタミン・ミネラルたっぷりで、お肌もキレイになるし、食物繊維と酵素がたっぷりなので、ダイエットもできた!という口コミも多いです!

しっかりと、1食の置き換えをすれば、粉末でも必ず痩せられるので、興味のある方はどうぞ!!
今なら、酵素たっぷりの人気グリーンスムージー粉末が送料無料のキャンペーン中です!